第23回輝く栄養士の会in千葉

blog_muto.gif

東京では雨の日が続いております。梅雨明けが待ち遠しいですね。
さて、本日は7月9日(土)に開催致しました、
「第23回輝く栄養士の会in千葉」のご報告をさせて頂きます。

今回のテーマは、
「栄養指導のスキルアップ
 ~現場で活かすニュートリションコーチング~」
です。

ニュートリションは栄養、
コーチングはコミュニケーションの技法を指します。
皆様が入退院時や外来で受けていらっしゃる、
栄養指導を担当する管理栄養士の方々を対象に、

先生にお越し頂きご講演頂きました。

今回お招きしたのは、
Office SAKAI 代表の坂井 敦子先生です。
20160714_1.png
坂井先生は、兵庫県を中心に全国で活躍されている管理栄養士様です。
10年以上の病院勤務を経て、平成21年に「Office SAKAI」を開業され、
食事相談やコーチングに関する執筆、講演会活動を始められました。
日本腎不全栄養研究会常任理事としても精力的に活動されています。

【当日の流れ】
■ファンデリー挨拶

20160714_3.jpg

■ミールタイムのご紹介

20160714_2.jpg

会社概要やミールタイムのサービスについてご紹介致しました。
ミールタイムの食事で数値改善されたお客様のお話しや、
「栄養士おまかせ定期便」のご説明をさせて頂きました。

■「栄養指導のスキルアップ」講演:坂井 敦子先生
20160714_4.jpg
20160714_5.jpg 
医療機関の栄養士様が、患者様に栄養指導される際、
より良い信頼関係を築けるようなコミュニケーション方法を
ご講演頂きました。グループワークやロールプレイも行い、
皆様楽しみながらご参加頂きました。

坂井先生は、ご講演の最初に
コーチングとは「意識するコミュニケーション」である
とお話し下さいました。
例えば、表情や姿勢、しぐさといった視覚要因。
話し方や声のトーン、間の取り方といった聴覚要因。
これらを効果的に組み合わせることで、
円滑なコミュニケーションが成立するのだと学びました。

■低カリウムレタスご紹介:ドクターベジタブルジャパン社 児玉様
20160714_7.jpg
ドクターベジタブルジャパン社より児玉様にお越し頂き、
おみやげとして低カリウムのレタスをご提供頂きました。
従来のレタスに比べ、約80%もカリウムをカットされているため、
腎臓病などのカリウム制限の方でもお楽しみ頂けます。
「知っていたけれど、食べたことがなかったの!」
「早速味見して患者様にも教えてみるね!」
と栄養士様方にお喜び頂きました。

■写真撮影
20160714_9.jpg 
当日は、雨が降り、お足元が悪い中でしたが
32名の栄養士様にご参加頂きました。
会の終了後には、弊社社員へお声掛け頂き、
ミールタイムへの貴重なご意見を多数頂戴しました。
これからの誌面作成等のご参考とさせて頂きます。
ご参加頂いた皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

最後に、坂井先生のご講演の中で、印象的だった
お言葉をご紹介させて頂きます。

コーチングは「未来」に焦点を当てて、
目標達成を目指す技法です。
未来のことをお話し出来ることは、
すごく素敵だと思いませんか?
だから、私はコーチングが大好きなのです。


私自身、お客様と電話でお話しさせて頂く中で、
現在のお食事を伺うことに気が向きがちでしたが、
一番の目的は、お客様の大切な未来のために
食事療法のサポートをさせて頂くことです。
今回の輝く栄養士の会in千葉で学ばせて頂いた
ニュートリションコーチングを基に、
皆様から信頼してお食事面のサポートを
任せて頂けるよう、一層励んで参ります。