エネルギーとして利用しやすい炭水化物を制限すると、インスリンの分泌が減りカラダの脂質やタンパク質を使ってエネルギーを作り出すようになります。

人間は、これまで飢餓にさらされる歴史を重ねてきました。また、食べる事ができる栄養源もさまざまでした。

日本も、お米がとれない飢饉が沢山やってきました。

畜産が発達する以前は、魚だけでなく鳥、鹿やイノシシ、馬などを食べていました。

食物を選択できる現代は、とても幸せな事です。

しろくま

  さん

何でも食べられる今の時代になったからこそ、
その恩恵に感謝しなければですね。

返信

なつかわ

  さん

炭水化物以外をエネルギー源とするのは現代では飢餓状態となったときだと思います。しかし穀物を主食とし始めたのはここ1万年以内だと思いますが、それ以前と以後で人間の代謝能力に変化はあったのでしょうか?

返信