脂質を上手に摂ると太りにくい、ということが報告されています。

炭水化物を摂取すると、
1.インスリンが上昇するとカラダのエネルギー代謝が落ちる
2.炭水化物がカラダの脂質に変わる
という点が問題とされています。

炭水化物を制限して、エネルギーを脂質から摂取するようにすると、代謝が上がり体脂肪も減らしていけるという事が示されています。

気を付けなくてはいけないことは、ショートケーキやポテトチップスのように、多くの油脂は砂糖や炭水化物とともに食物内に存在している点です。

脂質と糖質が同時に存在する物は人間の脳への刺激が大きく、強烈においしく感じる点が問題です。