NEW

carboload1027.jpg運動前に炭水化物を摂取しておくことは、カーボローディングと呼ばれます。また定期的に運動する場合は、運動後に炭水化物を摂取して筋肉のダメージを減らし合成を促します。カーボバックローディングと呼ばれます。

上手にトレーニングをして、筋肉が脂肪酸を上手に使ってATPを合成できるようにしておくと、摂取した脂肪をエネルギーに変換することができるようになります。

運動前に脂肪を摂取しておくことをファットローディングと呼びます。インスリンの分泌を増やさなくても運動できる体になります。ふだんの炭水化物摂取も少なく済むようになります。

脂質は単位gあたりのカロリーが高いことと、過量の炭水化物と共に摂取すると糖質が体脂肪に変換される点が注意が必要な点です。

写真は、所属する東京医科歯科大学の若者とフットサルをする前日のパスタです。チーズと牛挽肉と鶏ささみ肉を多めにしてパスタを減らした物を準備しました。タンパク質と脂質が多くなるよう調節して、PFC比を整えています。

こういった工夫は、運動と両輪です。ロングスローディスタンス;LSD運動を行って、糖質が枯渇した後も動き続けるようなトレーニングをしていくと筋肉が脂質を〝やむなく〟利用するようになります。それを常態化させることが大切な点です。

  
  
< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10