NEW

大切な筋肉を守りつつ、カラダの余分な脂肪を消費するには、セミケトンダイエットが優れています。

糖尿病などでインスリンが極度に不足すると、「ケトアシドーシス」と呼ばれる意識障害をともなう重篤な状態に陥ることがあります。

インスリンが高度に不足していると、糖新生でつくられたブドウ糖さえも細胞内に取り込むことができません。ブドウ糖を細胞内に取り込むにはインスリンが必要だからです。

こういった状況下では、細胞内のATPが不足しているため肝臓ではケトン体を大量に合成して、カラダの細胞のエネルギー不足を解決しようとします。けれども、カラダの細胞内ではTCA回路が回せないためケトン体を使えない。そのため、使うことができない大量のケトン体が血液中にあふれだしケトアシドーシスという状態になります。

通常の状態であればカラダの細胞は、肝臓が作ったケトン体をミトコンドリアで消費することができます。そのため、糖質制限を行うと通常よりもケトン体は増加しますがケトアシドーシスにはならないので、心配する必要はありません。

糖質の過剰摂取は、インスリンの大量分泌を促します。肥満だけで無く、大量のインスリンに細胞が常にさらされることが代謝を悪化させていきます。糖質の過剰摂取を避けることは、賢明だと考えています。

人生は長い道のりです。最低限の糖質は確保し、運動に見合った脂質も摂取して筋肉を消費する糖新生を起こさせない工夫が必要になります。この工夫は、『セミケトンダイエット』とも呼ばれます。また、カルニチン不要でミトコンドリアに取り込まれる中鎖脂肪酸は、エネルギー源になりやすいので糖新生を防ぐ働きを持ちます。

上手に摂取する栄養素の割合を管理しながら、運動することが重要です。オイルでダイエット、とは一見矛盾した言葉に聞こえます。けれども、代謝のメカニズムを考えるとダイエットにオイル(脂質)が必要であることを理解して頂けると思います。

私は、管理栄養士さんの講師もしています。彼らと話をすることも沢山あります。医学会発表も行ってきました。

次回は、食べ物について考えてみたいと思っています。

  
  
< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10