子供に食べ物を大切にすることを教えるには農作業を経験させるのが効果的である。昭和35年ごろまでは人口の75%が畑や田圃がある農村部に暮らしていたから、農作業は身近なものであった。現在では75%の人が都市で暮らすようになり、農業とは無縁の暮らしをしている。昔は子供がご飯粒をこぼすと、母親が「お米は漢字で八十八と書くように、お百姓さんが多くの手間をかけて作ったものだから,粗末にすると罰が当たる」としかったものだが、今の子供に言っても実感がない。食べ物はスーパーで買ってくるもの、余れば捨てればよいとなり、ほしいだけ食べることに慣れている。子供の食教育は「食べ物は農業でしか作れない」ことを学ばせることから始まる。

 市民農園などが借りられれば親子で野菜作りをしてみるのが一番である。肥料をやらないと成長は遅く、無農薬であれば虫食いだらけになるだろう。狭い畑でも農作業は楽にはできない。市民農園は全国に3200か所、14万区画ほどあるが、潜在需要はその10倍はあるだろう。ベランダでプランターを使って野菜を育てて見るのもよい。毎日、学校から帰ってきて水やりをして育て、ようやくにして実ったトマトやキュウリを食べ残す子供はいない。

 小中学生を対象にするなら学校農園や地域の農家の協力を受けて実施するイモ堀り、田植えや稲刈りなどの体験学習がよい。学校給食に地場の野菜を使えば、地元の農業への興味と理解が深まるだろう。新入学生にキャンパスの農場で週に1回、農作業をさせている女子大学がある。最初は土やミミズに触れることを嫌がっていた女子学生も6月を過ぎてキュウリを収穫する時期になると「自分が育てている野菜がまるで子供のように思える」と言うそうである。

 大人も子供も「食べ物とそれを作る農業」を大事にするならば、わが国のゆがんだ食料事情はずいぶん良くなるはずである。

ふたちゃん

  さん

都会育ちのため、小学生のころから田舎からお米や野菜が送られてくる友達たちがすごくうらやましかったです。

最近では食育がすごく注目されており、今の小学生の子たちは授業の一環で農業が組み込まれていたりしていて、すごく良い経験ができていると思います。

食育をうけてきた子供たちが将来どうなるか楽しみですね!

返信

まな

  さん

私も実家では畑があり、野菜は身近なもので、
一番好きな食べ物は野菜で、
野菜しか食べずに困ったと言われるほどです。

子供ができたら、先生がおっしゃっているような体験を
させてあげたいなと思います。

返信

りんご

  さん

3歳の姪っ子が
今までトマトが苦手だったのですが、
お庭で育てたことをきっかけに
バクバク食べるようになりました(^^)
それを目の前でみて食育ってすごいな!
と感じました。

返信

shin

  さん

自分で育てたものは、格別の味がします!また、よく味わって食べようとするので、とても良いことだと思います。現代では食事を早く済ませてしまいがちですが、こういったことを取り入れていけたら、食に対する意識も変わるのだと感じます。

返信

ダンボ

  さん

食べ物とそれを作る農業を大事にするならば、食料事情は少し良くなる可能性はあると思います。

そのためには、子供に農作業を経験させることは効果的ですね。

おこりうるかも知れない危機に対して、サバイバルに有効であると思いますし。

それにしても75%が都市部で暮らしているとは、問題が多いですね。田舎で暮らしていける状況があればいいのでが・・・

返信

トーテム

  さん

食の大切さを学んだはずの大人自体が食料を無駄にしているという現状がある以上これでゆがんだ食料事情が解消されるというのはなかなか難しいと思います。

とはいえ農作業体験自体はどのような苦労の過程を経て自分のお腹に入っていくのか等を身をもって体験できるので人間性を高めるためには良いのかなと感じます。

返信

RYU

  さん

子供に農業体験をさせるのは非常にいい事ですね。。

今自分も家庭菜園で大根を育ててますが、、
できあがるのが、、非常に楽しみです!

返信

オサム

  さん

子供のころからの食育は躾の一環としても
大切な部分ですね。
しかしながら躾を受けたはずの大人でさえ
食べ物を大切にするという基本的な事が
出来ていません。
 
外食産業等「食」を経済で見る環境は
健康や安全を二の次にした薬漬けの食品を作り出し、
又、反対に過度の安全安心をスローガンにした
食品大量廃棄の無駄を行っています。
 
そういう環境で育つ子供に
農業体験だけで食を大切にする感覚が育つとは
楽観過ぎる気が致します。

返信

リンダ

  さん

好き嫌いが多い子供に料理を手伝わせると
嫌いな食材が入っていても食べることが出来ると聞いたことがありますが、自分で育てたものであるなら尚更ですね。
我が家の子供達が通っている小学校では、学年ごとに野菜やお米を育てさせて、食を色々な角度から学ぶ機会を与えていると思います。
こういった学習は、続けていってもらいたいですね。

返信