加工食品に使用した食品添加物はごく少量であっても省略することなく全て表示するよう食品衛生法で厳しく定められている。食品の表示ラベルに原材料を表示した後に、使用した食品添加物を化学名で表示するのであるが、主婦にも分かりやすく次のように表示してもよい。

1.パンや菓子を膨らませるために使う「炭酸水素ナトリウム」はなじみのある一般名「重曹」で記載してよい。

2.どのような用途に使用したのか分るように、例えば甘味料(キシリトール)、発色剤(亜硝酸ナトリウム)、保存料(ソルビン酸)などと記載する。ビタミンやアミノ酸も栄養成分として添加するのでないならば、酸化防止剤(ビタミンC)、調味料(アミノ酸等)と使用した目的を説明しなければならない。

3.香料、酸味料、乳化剤などは多数の成分が調合してあるので、成分を一つずつ記載しないで香料、酸味料などと一括して表示してよい。

4.喫茶店でコーヒについてくるカップ入りのクリームや飴などは包装が小さくて詳しい表示ができないから、それを詰めた大袋に表示しておけばよい。

 なお、表示規則に違反しているわけではないが、メーカーに都合がよいように表示してあることがある。例えばグリシン(アミノ酸)やクエン酸(有機酸)を細菌の増殖を防ぐ保存剤として使用しても、「保存料」と記載しないで調味料、あるいは酸味料と表示していることが多い。また、食品の変色を防ぐ為にクエン酸ナトリウム、酢酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウムなどを使用しても、化学名をそのまま記載しないで「pH調整剤」と一括表示して済ましていることもある。

トーテム

  さん

いま必要なのは食品添加物が体にどのようなことを及ぼすのかを知ることなのかもしれませんね。

色々書いてあっても理解できないでいるのがとてももったいない気がします。

返信

shin

  さん

確かに、「pH調整剤」はよく見かけますし、気になりませんが、クエン酸ナトリウム、酢酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウムと表示されていれば気になります。もっと消費者自信も知識をつけることが必要なんだと感じています。

返信

いちご

  さん

知らないうちに添加物を摂ってしまっているのですよね。

保存料と書かず、調味料などと書くことによって売り上げはどれくらい違ってくるのか気になりました。

返信

Shozzy

  さん

消費者側も勉強するようにしないと折角書いてあってもわからないですね。

大袋に表示されたところで喫茶店でコーヒーを飲む一般客にはわからないのですが、OKなんですね。たしかにあのスペースには書けないですが・・・

返信

ぴー

  さん

わかりやすいのは良いですが、逆に自由が与えられている分都合が良いように書かれてしまうのは怖いですね。
もう少し、勉強しなければいけないなと思いました。

返信

RYU

  さん

アメリカのジュースやお菓子など、、色々な添加物をたくさん使った商品が出回っていますよね。
メーカーとしては、コストが安いから、添加物を使って、本物に近い味を作って商品を売る、、その結果、特に貧しい層の方々は食品添加物や人口の着色料、甘味料を使った食べ物を食べて、肥満傾向の子供が増加しているということをまねいていると思います。

日本でも今、特に飲料系でゼロ商品等がはやっていますが、ラベルを見ると、添加物や人工甘味料などが多く使われていると思います。

メーカーなどの表示義務もそうですが、消費者の方も意識を高く持たないといけない時代ですよね。

返信

オサム

  さん

食品添加物は少し気になります
出来るだけ使われていないものを選びたいと
思ってはいても
実際には難しいですね。
これからお正月にかけては
ハムやかまぼこなどの食品添加物が多く使われている
加工品を食べる機会が多いような気がします。
お正月太りだけを気にしていてはいけないのかもしれません。

返信