焼き肉店で食べたユッケによる食中毒が起きてから1カ月になる。原因は牛肉が腸管出血性大腸菌で汚染されていたためであり、富山、福井、神奈川の3県で合計168人の患者が出て、4人が亡くなり、17人が入院中である。腸管出血性大腸菌は血便、腹痛などを起こすだけでなく、ベロ毒素を生成して腎臓や脳に障害を生じることがあるから恐ろしい。

 家畜の腸には病原性大腸菌やサルモネラ、カンピロバクタなどの食中毒菌が生息しているから、食肉や鶏卵が汚染されることを絶無にすることはできない。したがって、ユッケ、レバ刺し、トリ刺し、砂肝刺し、生卵などを食べることに、食中毒の危険性が少ないけれど付きまとう。魚や生ガキなどには腸炎ビブリオ菌やノロウイルスが付着していることがあるから、生で食べれば食中毒を起こす危険性がないとは言えない。

 年間、2000件弱、中毒患者3万人に及ぶ食中毒は、80%はこれら細菌やウイルスによるもので、しかもその4分の1は魚介類や食肉を生で食べたことによって起きている。今回のような集団食中毒が起きると、いつもその責任がどこにあるのかが問題になる。厚生労働省では、食肉処理場や魚市場での洗浄や保存、飲食店での調理などについて衛生基準を定めているが、基準を忠実に守っていても汚染を絶無にすることはできない。だから、火を通さない生ものを食べるのは自己責任と言わざるを得ない。

 魚介類を生で食べることを好むのは日本人の特徴であるが、牛肉や鶏肉を生で食べることは近年に始まったことである。その背景には家庭で調理することが少なくなり、外食店を利用することが多くなったことがあるであろう。わが国の食品衛生状況は諸外国に比べて良好であるけれど、それをよいことにして、外食店で食べる物にあまりにも無警戒になりすぎているのではないか。食生活の70%を加工食品や外食店に頼っている時代であるからこそ、食べものの安全性を自分でよく判断することがより必要になる。

偽PT

  さん

今までは、お店が出しているから大丈夫だと思いこんで、牛や鶏のお刺身など生で食べていました。今回の事件では、お店だからと安心していたらいけないと思いますが、私は生ものが好きなので、今後は自己判断をしながら食べたいと思います。

返信

ぴー

  さん

最終的には自己判断ですが、判断するにあたっての条件が満たされていないのは問題ですよね。
からだを守るための規定があり、その下で判断するならまだしも、それを守れない店舗はありえない。
せっかくの楽しみに、危機感が伴うのはなんだか悲しいですね。

返信

ぽん

  さん

狂牛病の時も感じましたが、本当に自己責任だと思います。事件で安くなったのをこれ幸いと喜んで食べる人も多くいましたし、あとは本人の価値観なのだと思います。にしても年間3万人も中毒患者がいるという事実には驚きました。これからの季節、さらに注意は必要ですね。

返信

いも

  さん

最終的に判断して食べるのは
自分自身。という面で、
確かに自己責任ですよね。

提供側が最善の努力を尽くしたうえで起きてしまった
問題にたいしては難しいところです。

返信

shin

  さん

中国に住んで、外で出されるもの全てが安心できるわけではない、ということを身にしみて感じました。日本においても、程度の差はあれ、同じなのでしょうね。自分の知識や勘を養い、強く逞しく生きていきたいです。

返信

ダンボ

  さん

ユッケは危ないと思いつつ、食べていました。昔は、ユッケを扱っている店は少なく、わざわざ取り扱っている店まで行って食べたものです。当時は結構値が張る1品でしたが最近ずいぶんと安くなったなとは思っていました。危ない危ないと思いながら、それなりの格式のある店で食べていたのですが、今回の事件は残念です。
生ガキも大好物でしたが、5年ほど前にひどい目に会って以来・・・控えています。

返信

まき

  さん

私の調理場でのアルバイトの経験からも
お店で出しているから
確実に安全だとは言い切れないなと感じました。
衛生管理や食材に対する知識や意識が大切だと思います。

返信

ちび太

  さん

確かに自己責任です。
けれど、今回は衛星管理をきちんと行っていなかったお店側にも責任はあると思います。

生牡蠣を私含め4人で食べたのに、友人ひとりだけノロになりました。
これはドンマイという他ありませんでした、、、笑。

返信

トーテム

  さん

店に出されているものを食べて食中毒は買って食べた人の自己責任というのは少し乱暴な気がします。
(それ用ではないのに生で食べたというのは別問題ですが・・・)

とはいえ世の中、無知な方が罪なのでしょうね。
なかなか厳しい世の中なものです。

返信

tomato

  さん

自己責任もありますし、また安全なものを提供していると謳っている店を信用して食しているわけですので、お店の方の良識を信じるしかないです。

飲食店でバイトした事ある知人も、ずさんな厨房管理で、自分のお店では食事したくないと、言っていました。それを言う前に、提供する側として、改善策を取らないといけないですね。

返信

りっちゅ

  さん

表ざたになっていない食中毒感染は世の中に
たくさんあると思います。
誰か責任をなすりつけるのではなく
自分の命は自分で守る知識と対策がやはり必要ですよね
過剰になりすぎた世の中なのかもしれませんね

返信

ジョー

  さん

肉や内臓を生で食べることができる店は、新鮮で安全だと思いこんでいましたが、今回の事件でハッとさせられました。
結局は自己責任になるので、食べたくても我慢することも大事だと感じました。

返信

ミー

  さん

大規模な食中毒事件が起こった時だけ大騒ぎするのではなく、
日頃から意識高く気をつけないといけないですね。
店のせい、卸のせい、国のせいと言うだけでは自分の身は守れません。。

返信

ふたちゃん

  さん

梅雨の時期は食べ物の管理をしっかりしないと恐いですよね!

そんなにたくさん食中毒がおきているとは…人ごとではないですね…

返信

オサム

  さん

赤ん坊や介護されている人でなければ
自分の口に自分で食べ物を運ぶのであり
自己責任である事に間違いは無いでしょう。
食べる事に対し他人を信用し過ぎるのは
禁物であると思われます。
 
それと、店側の責任問題は全く別であり、
店は食中毒の危険性等を
十分配慮して商品を提供しなければならない。
アルバイトだからとかマニュアルが不備とか
言い訳は通用しない。
結構プロとしての厳しさが問われるものだと思います。
 
そこが守られているかどうかを
客側が判断しなければならない訳ですが
そこが甘いのかもしれませんね。

返信

匿名

  さん

自己責任がない訳ではないが、それはあまりに冷たくはないだろうか。安全性を自分で判断と言っても、消費者は、店や商品の表示を見て信じるほかない。

返信