害虫に食べられにくい遺伝子組換えトウモロコシにはバチルス・チューリンゲンシスという昆虫病原菌の毒素タンパク遺伝子が組み込まれている。この遺伝子が作り出す毒素タンパクを蝶や蛾の幼虫などが食べると死ぬから、このトウモロコシは昆虫に食べられて収穫量が減ることが少ない。

 組換えトウモロコシに含まれている毒素タンパクは昆虫には有毒であるが、われわれ哺乳動物が食べても超微量であり、しかも胃酸で分解され、吸収されないので無害である。

 除草剤で枯れない遺伝子組換え大豆についても説明しよう。この大豆には土壌細菌が持っている特殊なアミノ酸合成酵素の遺伝子が組み込まれている。従来の大豆は除草剤、ラウンドアップ(商品名)によってアミノ酸合成酵素が働かなくなり、栄養障害が起きて枯れるのである。しかし、組換え大豆では除草剤に抵抗性がある組み込み酵素が働くので平気である。

 これまでは大豆が枯れないように、除草剤を薄めて何回にも散布して除草しなければならなかったが、組換え大豆であれば強力な除草剤を散布して雑草だけを枯らすことができる。大豆に組込まれている土壌細菌由来のアミノ酸合成酵素は哺乳動物の体内では全く働かないので、私たちが食べても危険はない。

 もちろん、この組換えトウモロコシや大豆は従来の品種に比べて色や形、成分も栄養も全く同じである。唯一違うところは組み込まれた遺伝子が作り出した昆虫毒素タンパクあるいは特殊なアミノ酸合成酵素がごく微量含まれているだけである。しかも、それら微量たんぱく質は人間には危険なものでないことが十分に確認されている。遺伝子そのものは人間の遺伝子も、細菌の遺伝子も区別なく、共通の4種類のDNAで構成されているのだから、食べても危険性はない。

 このように説明しても、とにかく「遺伝子」を食べることが怖いのだと言う人がいる。遺伝子は生物の体を構成している細胞に必ず存在しているものであるから、肉も野菜も遺伝子の塊であると言ってもよい。牛肉を食べれば当然ながら牛の遺伝子を食べることになるが、牛の遺伝子が私たちの体内で活動することはない。そんなことが起きるなら、私たちは牛になってしまうではないか。

 それでも不安だと言う人が多かったので(いただいたコメントにもあったが)「遺伝子組換え農産物の使用表示」が設けられた。57話で説明したようにザル表示ではあるが、実害はないと考えている。

 

 

ふたちゃん

  さん

今回の記事を読んで安心致しました。

他コメントでもあるように、「遺伝子組み換え」という響きや文字の感じがなんだか化学的で毛嫌いしてしまうのかな…と思いました。

安全でなければ店頭に並びませんもんね!

返信

らぁる

  さん

そもそも「遺伝子組み換え」ってものが、難しくて
あまり詳しくないがうえに、怖いものと思ってしまいます。
だって、本来あるものの遺伝子を変えてしまっているのだから・・

返信

匿名

  さん

個人的には、遺伝子組換えは怖いから食べたくない
…とは思わない。ただ、使用していませんなどど
表示されているので、遺伝子組換えを使用していない
方がよいと思ってしまう。

この際、中途半端な表示などなくなってしまえば
いいのでは?と考えるのは過激だろうか…

返信

トーテム

  さん

遺伝子が怖いというよりは自分の理解の及ばないようなものを食べるのが怖いのかなと思います。
といっても自然界の物の方がよっぽど理解が及ばないものですけれども。

返信

ジョー

  さん

哺乳動物は毒素を吸収しないのですね。

しかし、遺伝子組み換え食品かどうかは今後もチェックしながら購入していこうと思います。

返信

オサム

  さん

遺伝子組み換え生物については
十分な監視の元、自然界との調和をとりながら
管理された上で利用されている・・・
 
とは言うものの、あくまでも人間の行う事ですから
かなりのチェック体制が必要なことは確かだろうと思われます。
 
遺伝子組み換えじゃない生物だって
外来種による問題が多く出ています。
遺伝子組み換えの場合は新たな能力をもつ生物を
種を超えて作り出す技術ですから
注意が必要ですね。
 
絶対安全と言われた原発が事故起こすのですから。

返信

  さん

遺伝子組み換えなんだか難しいですね。

返信