病虫害や雑草による農作物の減収は大きい。そこで、昆虫の食害に強い組換え品種や除草剤に抵抗性のある組換え品種を利用すれば、農作物の収量は増加し、しかも農薬の使用量を減らすことができるから環境への負担も減少する。今後、遺伝子組換え技術により乾燥に強い作物や塩害に強い作物が作出できれば、砂漠や海辺でも農業ができるようになり、地球規模での食料不足を解決するのに役立つ。オレイン酸の多い大豆やトウモロコシ、βーカロチンを含む米、鉄分の多いレタスなどが研究されているから、できれば途上国の人々の栄養改善に役立つだろう。

 しかし、「遺伝子組換え農産物には遺伝子が入っている」、「遺伝子を食べるのは怖い」など、初歩的な化学知識がないために反対する人が多い。また、「遺伝子組換え作物は何千年も昔から食べているものでないから危険だ」と云う人もいるが、昔から食べてきた作物であっても必ずしも安全とは言い切れないものがある。遺伝子組換え作物が実用化されてすでに15年になり、欧米諸国やインド、中国などでの栽培面積は日本の全農地面積の25倍、地球上の全耕地面積の10%に相当する1億3000万ヘクタールに達している。当然のことながら、遺伝子組換え農作物を食べている人や家畜は数え切れないほど多くなっているが、まだどこからも心配するようなことは報告されていない。

 遺伝子組換え作物と交雑して除草剤で枯れないスーパー雑草が出現したら、どうするかと心配する人もいる。幸い、まだそのようなことは起きていない。遺伝子組換え作物が自然の生態系や生物多様性を乱すかもしれないという懸念を100パーセント否定することはできないが、世界193カ国が加盟している生物多様性条約締結国の昨年度会議(COP10)では問題にもされなかった。

まき

  さん

遺伝子組み換えなどの影響が
分かるのも長い年月がかかるので
本当に安全なのか危険なのか不安ですね

返信

りんご

  さん

遺伝子組み換えにより何パーセントかの確率で
害はでるのですか?
私たちが遺伝子組み換えを過剰に
意識していすぎるのかもしれないですね。
飢餓で悩む世界の子供たちのために
画期的なことだと感じました。

返信

tomato

  さん

遺伝子組み換えだって、必要性を考えて開発されてきた物だと思います。選択するのは本人の判断ですから、現状選択肢がある事は幸せです。
最近津波の影響で、塩害被害がで米が出来ないと言われています。自然災害にも耐えうる対策としても、必要に迫られる場合もあるのでは思いました。

返信

Pig。

  さん

より体に良い食材は虫も好みますよね。
健康を取るか、経済面を取るか・・・難しい話だと思います。

返信

mottei

  さん

こういった問題は
安全性を取るか、便利さを取るかというどちらか
という選択肢ではなく、安全を確認できる基準を設けて
同時並行で進めていくしかないのではと思います。

返信

次郎

  さん

時代の流れが進むと
人の考え方も変わりますね

以前まで普通だったものが急に変わると
異常に感じてしまいますが

もう少し時間をおいてみると
案外、普通になっている気がします

遺伝子組み替えも
今は珍しく感じますが、
少し時間をおいてみると当たり前になっているかも

だって
人に必要とされたからこそ
生まれてきたんじゃないでしょうか?

返信

ぴー

  さん

「遺伝子組み換え食材を使っておりません」が、「遺伝子組み換えは怖い」という意識を生み出したような気がします。自分が良いと思う選択をしたいです。

返信

ジョー

  さん

食料不足を救う救世主ですね。
ただ、何か問題が出た場合、遺伝子組み換え作物離れが起こり、過敏に反応するようになるのでしょうね。

返信

ダンボ

  さん

遺伝子組換え作物は、今の科学でわかる範囲で危険は少ないのであって、安全が保障されているわけではないと思います。
しかし、現状考えると反対ともいえません。せいぜい言えることは、危険性を最大限排除する地道で、報われることが少ない果てしない作業に、もっと力を注いで頂きたいということです。

返信

ミー

  さん

よく行われていた改良は、交配といった自然な形で行っているから安心、
遺伝子組み換えは、人の手で行っているから心配などと
考えるのはナンセンスです。

でも、生態系などに影響を与えるか数年で分かることではないため、何百年、何千年後の未来のために慎重に進めて欲しいと思います。

返信

トーテム

  さん

私は特に遺伝子組み換えであろうとなかろうとそこまで気にはしないのですが、何が起こるか分からない食べ物というのには多少の恐怖感を感じます。

しかし使ってこその技術なので安全性を確保した上で上手に使いたい
ものです。

返信

azuuuu

  さん

突然変異は遺伝子組み換えの影響など多少あるのでしょうか。
いずれにしても「変化」はなんらかの影響で起こって良くも悪くもなる可能性があって、変化が起きないものは自然にもない?

返信

オサム

  さん

昔から農作物は品種改良を続けていますし
家畜やペットなども
交配による広い意味での遺伝子操作と
言う事にはなろうかと思います。
 
但しこれまでの遺伝子操作は自然界でも
起こりうる交配を人為的に行うだけなので、
無理があれば生命の誕生が
無いだけで終わってしまいます。
 
現在の遺伝子操作は自然界では起こり得ない
異種間の遺伝子操作である事が不安材料ですね。
そこにも生命として生まれえる為の
秩序が保たれるものと期待はしますが、
人間のエゴと好奇心が特異な生命を生んでしまう
可能性は否定できません。
 
以前、ホタルイカの遺伝子を猫に組み込んで、
「光る猫」という生物を生み出した事があるように
興味や実験でやったり、
軍事的な目的を持って行われると
怖い結果になりかねない事だと思います。
 
もちろん、食糧不足を解消できるような作物や
放射能汚染された土壌を改善できるような
植物等が出来れば人間の役には立つのでしょうが
管理を徹底しなければなりませんね。
管理の徹底は人間の最も不得意な部分でしょうね。

返信

  さん

食料不足を遺伝子組換えで解決しようとする気持ちは理解できますが、生態系や生物多様性の乱れが心配です。難病等の解決に臓器移植をしたり、エネルギー不足の解決に核開発をするのと何か同じ様な人間の傲慢さを感じます。私は古い人間なのでしょうか?

返信