多数寄せていただいた読者のご意見を読んでいると、10年ほど前に安全狂騒国とまで言われたヒステリックな状況は良識的レベルまで鎮静したように思う。しかし、安全と安心の違いについて十分に理解しておられない方もあるので、繰り返して説明してみよう。

 これまで経験したことのない遺伝子組み換え農産物、ダイオキシン汚染、BSE汚染牛肉、放射能汚染食品などがどれだけ危険なものなのか、主婦の常識や経験だけで判断できるわけはないから、専門家の科学的説明を素直に聞かなければならない。どのような毒性があり、どのくらい強いものであるかなどは科学的調査をすれば判明する。その科学的データを根拠にして、許容摂取量や残留基準などを定め、全頭検査など必要な検査をする。こうして、日常的な食事をするのに必要な安全性が確保されているのである。

 一方で、この安全性を保証する仕組みを理解したうえで、安心するか、しないかを決めるのは消費者である。「科学は難しい」と敬遠し、「科学といえどもすべてがわかるはずがない」、「万一ということがある」と説明も聞かずに反発する人は最近では少なくなった。しかし、説明は理解するが、食品メーカーや流通業者は偽装したり、隠したりしたから信用できない、安心できないという人は多い。「怖い」「食べるな」と大騒ぎするマスコミ報道もこうした消費者の不安を必要以上に助長している。

 安心できないからと言って行政に必要以上に厳しい検査や規制を要求しても、効果はそれほど期待できず、費用がかさむばかりである。行政や生産者がいくら良心的かつ誠実に対処しても、百万分の一以下に小さくなった危険性は排除できないものなのである。昔から食べ続けてきた食材にも、有機栽培の野菜にも、無添加の加工食品にもそれぐらいの危険性は潜んでいる。

 現状では健康被害を心配しなくてはならないほど大きな危険のある食品は流通していない。実際にできる限度まで安全になっているのだから、これでよいことにしようと考えれば安心できる。安全性の確保するように行政や生産者に求めることができるが、その結果をみて安心するかしないかは自分自身で決めることである。安心する、しないはあくまでも読者の勝手であるが、さてどちらを選択されるであろうか、知らせてほしい。

 

まき

  さん

私はそんなに過剰にならなくても…
と思ってしまうのですが
安易に考えすぎるのも良くないですね。
たくさんの情報があふれている中で
選択するのは難しいです。

返信

ふたちゃん

  さん

難しい問題ですね。

考え方も、感じ方も人それぞれで、きっと万人を満足・納得させる安全報告はないのだろうと思います。

これからも私は、流通している物は国を信じて購入しようと思います。

返信

zoyu

  さん

私は、情報の発信者の信頼度合いで、信用できるか出来ないかが決まると思います。
一番の希望は、公正な判断が出来るであろう国が出した数値をもとに自分自身が基準をもって見極める事が出来るようになることです。

返信

りんご

  さん

牛肉は危ない!
といったイメージがついてしまっていますが、
逆に検査に検査を重ねているので、
そこまで過剰にならなくても!
とニュースを見ていると感じます。

返信

ぴー

  さん

様々な情報があふれる中で、多くの人が意見を求めています。
地震が起こった時、食の安全まで考えた人はどれくらいいたのでしょう。
厳しい試験をやればいいというものではない。
「この基準で検査をすれば、もう大丈夫です」という一貫した方法にしてほしいです。

返信

azuuu

  さん

「安心」と呼ばれるラインはどこなのでしょう。最近は過剰に東北産=安全ではないという方が多い気がします。市場に出ている食事を「安全」と決めて食べない事には、私たちは何も食べられなくなってしまいます。私は、しっかり検査をしている東北産=安全のものの方が多い気さえします。
安全の【基線】を低くして、世の中に適応していきたい。【基線】は自分次第ですが、最近はその【基線】が過剰に高い気も致します。

返信

トーテム

  さん

生卵ですら食べられる環境ですから、安全ではあると思っています。

ただし、一度問題になったものを安心して食べられるようになるのは少し時間がかかるかもしれません。

もっともマスコミに踊らされてその時間が延びている感も否めませんが。

返信

みぃ

  さん

日本人は市場に出すまで真面目に基準に則って管理していると思っています。一部例外があろうとも、100%きっちり対応しきれるとは最初から考えなければ「そんなものだろう」と思えるので、私は市場に出回っているものには安心だと思っています。

返信

shin

  さん

国が出している数値を参考にしながら、自分の中の基準を決めて判断していく必要があると思います。

返信

ぽん

  さん

私は、必要以上に情報(噂)には左右されずに
自分の感覚で生活していますね。

狂牛病で騒いでいる人がいるそばで、
普段は高くてあまり手を出せない牛肉が安くなって
ラッキーと思ってここぞと買っているタイプです。

~な可能性があります・・・
こんなのに踊らされて色々諦めるよりは、
どうせ気にしていても死ぬ時は死ぬんだし、
という考えなんだと思います。

仮に国が法律を厳しくしても、
必ずその抜け道を見つけてルールに反した食品は
出回るものだと思うので、
それらを完全に回避するのは難しいのではないでしょうか。

返信

ひぽぽ

  さん

やはり、最後は自分次第だと思います。
マスコミなどの情報に左右されすぎて、
心配ばかりしていては、
何も口にできなくなる気がしてしまいます。
最低限の安全に対する考慮は必要ですが、
過剰な反応はどうかと思います。

返信

ちび太

  さん

やはり最終的に判断するのは自分ですね。
判断する前の情報収集や、理解も
自ら積極的に行うしかないと思います。

返信

tomato

  さん

基本的には、市場に出回っているものは日本の厳しい基準値に合わせ、それなりの検査を繰り返しパスしてきていると思っているので、購入しています。国で出した基準値以外に、何に従えばいいのかなんて分からないですし。
今更ですが、両親からは、虫食いの野菜の方が栄養もあって美味しいんだぞ、と言われて育ったので、今の『安心』の為に農薬だらけになった野菜の方が、何だか怖い気もします。

返信

Pig。

  さん

今はいろいろな所からの情報が多すぎて、どれを信じればよいかもわからないです。
それに疑いだしたらきりがないと思います。
市場に出ているものは、“大丈夫”と捉えるようにしています。

返信

偽PT

  さん

最後は、自分自身で選択するしかないと思います。安全だと思うから安心して、私は購入しています。安全の基準はそれぞれなのでわかりませんが、マスコミ等の情報に流されすぎずに判断していきたいと思います。

返信

ジョー

  さん

最終的には自ら情報を取捨選択していかなければならないですよね。
信じるか信じないかは情報の信用性で決めていきたいと思います。

返信

ちろ

  さん

いろんな検査をして、数値だけを伝えられても
正直、その数値が安全なのかどうかはわかりません・・。

基準値を知ると、少し安心する部分もありますが、
今回の放射線のように基準値だけではなく、

問題になる前の今まではどれくらいの数値だったのか、
それに比べ、今がどれくらいなのかを知ることで、
安心できるかと思います。

返信

mottei

  さん

今までの生活スタイルや食生活によって安全と感じる
域値は、人それぞれかと思いますが、
私は、公共性の高いデーターと判断すれば安全・安心と判断しています。

返信

ダンボ

  さん

安全は、その国、その時代によって定められている基準に準拠していれば、一般人がそれ以上突っ込んで苦言を呈しても、なかなか難しいと思います。
これに対して、安心かどうかは、先生が仰る通り本人が安心かどうかですから、気持ち次第、環境次第と思っています。
今では考えにくいのですが、昔、屋台で一杯やりながら飲んでいたころは、実際何を食べさせられていたかわかりません。アルコールランプの照明はいいのですが、ランプがすすでボヤケて、ぼんやりとしか見えない。おまけに、駅の公衆便所から汲んできたバケツ一杯か二杯の水で十数人の食器等を洗ったり、食材を洗ったり、衛生がどうのこうのと言っていられるものではなかった。
それでも、あまり不安であったという記憶がありません。
今は、昔に比べて間違いなく安全と思うのですが、安心とはいいにくく・・・。

返信

ロイ

  さん

確かにマスコミの影響って大きいですよね。
大事なのは自分がちゃんと正しい知識を持って
判断できるようにしておくことだと思います。

返信

山田 太郎

  さん

安全であると個人が認識した時に安心が生まれる。
その基準は人それぞれであるから確かなラインはない。
なるほど、
しかしすべての出来事に検査が行われているわけではないので、信用や信頼関係というものがあってこそ、安心感が生まれるのではないだろうか。
信用性はとても重要であるが、
だからこそ、小さな傷がその信用性を一気に崩してしまうかもしれない。
自分自身が何を信じているのか、その基準をしっかり見直さなければと感じました。

返信

ミー

  さん

どのような検査をし、どのような結果になったのか、
それを分かりやすい形で発表していただければ
私はそれを信じると思います。

今は、出荷後の牛肉で問題が発覚し
不安に感じる方も多いと思いますが
トレーサビリティシステムを活用したりと
自身で正しい情報を得る努力も
必要なことかもしれませんね。

返信

らぁる

  さん

今、牛肉の問題とか大変ですよね・・・

うちには小さな子供がいるので、やはりとても心配になってしまいます。
過剰すぎですかな・・・

返信

  さん

食品の安全性を気にしない人はいないと思います。消費者が決めなくてはと言う先生のお話理解しますが、生産者・行政の対応が正確に伝わっているか?これは疑問です。マスコミもヒステリック報道したり、口をつぐんだり…消費者はこうした中で自立するのは大変難しい事だと思います。

返信

オサム

  さん

日本は食品の安全にはかなり気を使っている
方だと思います。
大概の外国の基準よりも厳しい基準を設けています。
その上で、厳しいチェック体制を儲け
必要以上と思われるほどの検査を行っています。
しかしこれまでのその方法が、
今回の原発事故後、放射能汚染に対しては
機能していません。
安全の基準を引き上げ、諸外国の設定する
危険域を超えたレベルで、無理やり安全としています。
「これだけ広まってしまったものは
目をつぶるしかないだろう」という
むちゃくちゃな方法です。
確かに生産農家の保障など
問題はあるかもしれませんが、
特に幼児期の子供を持った親は
しっかりと調べた上で身を守る術を
見つけてほしいと思います。

返信