料理をすることを面倒だと考えている女性は若年、中年層の半数にもなる。成人女性の被雇用率が20歳代では76%、40歳代でも61%になり、夫婦共働き世帯は全国5300万世帯のうちの1000万世帯を超えている。だから、家事のすべてを女性がすることは肉体的にも、時間的にも無理があるのだが、食事作りは依然として9割が女性の分担になっているのが実情である。家事へのストレス感を調査してみると、洗濯が22%、掃除が56%、食事作りが65%で最も高いのである。

 当然の成り行きとして、食事作りにかける手間と時間を節約しようとする。すでに、外食や中食で済ますことが増えていて、毎日、三食とも食事作りをする家庭は減っている。毎日2回以上食事作りをする女性は20歳代で2割、30歳代で6割、40歳以上でも7割弱に減ってはいるが、それでも夕食は家庭で準備することが多いだろう。

 主婦が毎日八百屋や魚屋で買いそろえてきた生鮮食材を、台所で長時間かけて調理していた50年前に比べれば、電気冷蔵庫に1週間分を買い置きしておけるようになり、便利な加工食材や合わせ調味料あどが利用できるようになったから、夕食の支度時間は短くなり、現在平均60分である。、4割の家庭では40分までで済ませるようになっているが、、その時間をさらに減らしたいと考えている女性が5割を超えているのである。

 家族で暮らしていくために欠かすことができない食事作りが重荷になり、ストレスになるようでは問題である。テレビ番組などの影響で、凝ったグルメ料理を上手に作ろうとしすぎているのではないか。家庭の食事に凝った料理は必要でない。経済的で、簡単に作れるものでよく、1食ぐらい栄養が偏っていても何ら問題はない。まことに忙しい時や疲れた時は持ち帰り総菜で済ませてもよいし、外食店に出かけてもよい。調理に凝るよりは家族と食卓を囲むことを優先されることをお勧めする。

ご飯

  さん

料理を単に食事を作る為の行為として捉えるのではなくて、
家族との時間をともに過ごすという意味で考えてみるといいのかもしれませんね。

返信

ジョー

  さん

手作りのありがたみを改めて感じます。
作るのは好きなので構わないのですが、洗いものはすごく面倒に感じます。ゴミを減らす意味でも自炊した方が良いのですが・・・。

返信

偽PT

  さん

私もほとんど一人で外食や総菜で済ましていますね。平日は遅くなるので仕方がないと思っていますが・・・。土日のどちらかは家族と食べるように心がけていはいます。

返信

Shozzy

  さん

いつも子育てをしながら夕食を作ってくれている妻に感謝です。

先日久しぶりに休日に料理をしたらだいぶ腕が鈍っていて、しばらく自粛しようかなとも思っていましたが、負担を軽減してあげたいので懲りずにまた作ってみます!

返信

トーテム

  さん

最近は中食でも安くておいしいものがそろってきましたし、なおさら作らないような習慣になってしまっているのかもしれませんね。

食卓を囲む時間を増やしたほうがいいというのは同感です。

返信

ミー

  さん

家庭を持つ友人いわく、料理自体と言うより
メニューを毎日考えるのが大変!だそうです。
給食と同じにならないように、
毎日偏った食事にならないように、
特売の食材が使えるように…
身体や家計を考える愛情から
考えることが多いのでしょうね。
毎日、何も言わず美味しい料理を作ってくれていた
母に感謝感謝です。

返信