隣の家ではどんな夕食を食べているのだろうか、知りたいものである。そこで、10年前、インターネットのホームページ「教えて あなたの晩ごはん」に全国から送られてきた10万食卓、35万食の夕食メニュウを紹介する。

 メニュウを送ってきたのは、シングル、カップル、ファミリーを合わせて20-40歳代の女性が85%を占めた。夕食の準備時間は平均40分、メニュウ数は3-4品である。夕食は65%の家庭でほぼ手作りされていて、総菜など加工食品を半分ほど使う家庭が20%、そして半数の家庭で家族団欒の食卓を囲んでいる。

 35万食の夕食メニュを整理してみると8万種類にもなった。世界各国の料理を積極的に受け入れ、日本風にアレンジして、いつの間にか食卓の定番メニュウにしているのである。  しかし、登場頻度が高いののは次の35種類である。

1-10位;ご飯,味噌汁、サラダ、漬物、カレーライス、冷奴、納豆、餃子、ポテトサラダ、野菜サラダ 

11-20;刺身、キムチ、ホウレンソウお浸し、南瓜の煮物、焼肉、肉じゃが、ハンバーグ、野菜炒め、鶏のから揚げ、おでん

21-35;焼きそば、焼き魚、きんぴらごぼう、煮物、握り寿司、豚汁、コロッケ、てんぷら、マーボ豆腐、吸い物、枝豆、マカロニサラダ、お好み焼き、トマト、とんかつ

 こうしてみると、まったく同じ夕食をとっている家庭はほとんどないが、よく登場するメニュウはよく似ているのである。 だから、メニュウは多くあるのに自分の家では同じようなものばかり食べていると感じるのかもしれない。一つの家庭の食卓をずっと追跡してみると、メニュウのバリエーションはそれほど多くはなく、せいぜい50種類ぐらいではないかという報告もある。そのメニュウ選択こそがその家の味というものなのであろう。

 読者で我が家のメニュウを数えてみた方があれば、知らせてほしい。

 

ご飯

  さん

50種類という数が意外でした。
割と食卓メニュウはローテーションになっているのかもしれませんね。

返信

Shozzy

  さん

我が家のメニューはどのくらいになるのでしょうか・・・いつも違うものを考えて作ってくれているので、数えきれないですね。「定番」が思いつかないです。

昼食は外食のローテーションになってしまっているので、夕食がいつも違うのはありがたい限りです。

返信

ミー

  さん

月に何回か同じメニューを作るので
やっぱり50前後でしょうか…。

ただ同じメニューでも材料が異なると
違う味わいになるからなのか不思議と
いつも同じメニューと感じたことはありません。
将来の為にもレパートリーは増やしたいですね。

返信

オサム

  さん

母はそれほどメニューが豊富な方ではありませんでした。
まあせいぜい30~50位でしょう。
定番メニューを作ってくれていましたが、不思議と飽きが来るような
事はなかったです。
思いだせば懐かしい、まさに「おふくろの味」ですね。
 
妻は本を見ながらいろいろ作ることもあって、レパートリーと言えなくても
50や100位は作るでしょう。
まあ、最近は20-30位を繰り返している気がしますが。
 
私も結構作ります。
創作的につくるのでメニュー数は数えられません。
ただ、使える調味料やスパイスの種類が多いので
同じ材料でも様々な料理になります。

返信

ぽん

  さん

読んでなるほど、ですね。
ランクインしているメニューの大半が、我が家でも食卓に上るものばかりです。

ただ、定番メニューを数えようとすると・・・なかなか難しいですね。ここでメニュー数を掲載してしまうと妻の技量と直結してしまうので、控えさせていただきます。

好きなものを簡単に食べられる時代。
家庭の食卓でのメニュー数はどんどん減っているのかも知れませんね。

返信