日本人がお茶を飲むようになったのは鎌倉時代の初期に宋に留学した禅僧、栄西が茶樹の種を持ち帰って栽培し、喫茶養生記を著して抹茶の製法や喫茶の効用を紹介してからである。抹茶は蒸して乾燥させた茶葉の粉に湯を加えて茶筅で掻き回して飲むのである。

抹茶を点てる作法が村田珠光、武野紹鴎、千利休などによって極められて日本独自の「茶の湯」に変わったのは室町時代末期のことである。そして、茶の湯で重んじられる一期一会、和敬清寂の精神性は茶席で供する懐石料理に取り入れられて後世の料理文化に大きな影響を及ぼした。

江戸時代になると茶樹の栽培は全国に広がり、葉茶を煎じて飲む習慣が庶民にも広まった。日本で飲まれている緑茶には抹茶と煎茶の区別があるが、抹茶は主として茶の湯の席で飲まれ、日常には煎茶、ほうじ茶が手軽に飲まれる。茶の産地として歴史のある京都の宇治では元文3年(1738)に茶葉を蒸して手揉みする青茶(現在の煎茶)が考案され、幕末になると茶畑に日覆いをして柔らかい若葉だけを摘み、高級な煎茶、玉露を作ることが始まった。

裕福な町人層には抹茶を点てる茶の湯、煎茶を点てる煎茶道が嗜まれたが、一般庶民には茶葉を釜で煮出して手軽に飲むことが広まった。町には携帯用の茶釜で茶を点て一服一銭で売る茶売り人が現れ、神社仏閣の門前には茶を沸かして一服4文か8文の茶代で参詣客に飲ませる水茶屋が繁盛した。笠森稲荷の境内にあった水茶屋の茶汲み娘,お仙は浮世絵にも描かれた人気者であった。食後に番茶やほうじ茶を飲んで一服し、仕事の合間に菓子、漬物などを茶請けにして一休みする習慣が民間に広がったのは江戸時代のことなのである。   

日本を訪れた外国人は日本人が緑茶を頻繁に飲むこと、飲食店で食事をすれば緑茶が何杯でも無料でサービスされることに驚くという。茶を飲用する習慣はイギリスやヨーロッパ諸国にもあるが、それは茶葉を発酵させた紅茶に砂糖やレモンの薄切りを入れて飲むのであり、これに対して、発酵させてない緑茶を飲むのは日本だけである。緑茶の苦みや渋みは日本人好みの味であり、蕗やうどなどの山菜、鮎やさんまの内臓などの苦みを好むのと同じである。

 戦前までの日本には緑茶のほかにはこれという飲み物がなかったが、第二次大戦後は欧米のようにコーヒ、紅茶、サイダー、コーラ、ジュースなどを飲むようになった。従って、家庭でお茶を淹れることは昔より少なくなったが、その代り、缶入り、あるいはペットボトル入りの緑茶飲料を500ミリリットル瓶に換算して一人あたり年間40本も飲むようになった。急須で茶葉にお湯を注げば飲める緑茶をペットボトルに詰めても買う人はあるまいと思われていたが、お茶が添加物なしの天然飲料であることと持ち歩いて外出先で手軽に飲める便利さが受けているのである。

ドゥワア‼センナナヒャク‼

  さん

this is bag
japannese wasyoku
thanks

返信