日本列島に人類が現れたのは約3万年前ごろかと考えられている。その頃はまだ氷河期であったので海水面が今よりずっと低く、宗谷海峡も対馬海峡も陸地同然になっていた。彼らは獲物を求めてシベリアから北海道に、あるいは朝鮮半島から狭い海峡を渡って九州に移動してきたらしい。彼ら、旧石器人の生活遺跡からは調理に用いたとみられる焼けた礫、焚火の痕跡である焼け土、大型獣の骨が見つかる。おそらく、剥離石器を槍先につけた投げ槍でマンモス、ナウマンゾウ、ヘラジカ、オオツノジカなどを狩り、包丁代わりの石器で肉を切り分け、焚火で焼くか炙るかして食べていたと考えられる。

 やがて約1万年前に最後の氷河期が終わると、気候が急速に温暖になり日本列島の地形と生態系は大きく変化する。まず、海面が大きく上昇したので、海が陸地に複雑に入り組む複雑な地形になった。寒冷な気候で繁茂していた針葉樹林は後退し、それまで九州南部から奄美諸島など暖地に生えていたアカガシやシイなどの常緑照葉樹林が西日本一帯に北上し、東日本にも温暖性のブナ、ナラ、クヌギ、カシワなどの落葉広葉樹が繁茂するようになった。草原が森林に変わると、ナウマンゾウやオオツノジカなどの大型獣は絶滅し、ニホンシカやイノシシが現れた。

 この時代に登場した縄文人は照葉樹林、広葉樹林に豊富なドングリ、クリ、クルミ、トチ、シイなどの木の実、山草、きのこを採取し、シカ、イノシシ、ウサギなどの小動物、キジ、カモ、ハト、カラスなどの野鳥を弓矢で捕獲して食料にした。複雑に入り組んだ内湾や河川ではサケ、マス、アジ、タイ、スズキ、イワシ、フナ、コイ、などの魚、ハマグリ、アサリ、カキ、サザエ、シジミ、タニシなどの貝が豊富に採れた。多量に手に入れた木の実や魚介類を貯蔵しておいて、食べ物の少ない季節に備えることもあったらしい。各地に残っている貝塚の遺跡などに捨てられている魚の骨、貝殻、木の実の殻などから彼らの食生活を推定すると、当時の日本列島は自然の恵みの宝庫であったらしい。狩猟採集で暮らす縄文時代は約1万年続いたのであるが、最後まで農耕らしい農耕は行われることがなかった。農耕をすることで世界の4大文明がいっせいに興った紀元前4000年ごろは、わが国ではまだ縄文時代であり、狩猟、採集の生活が続いていたのである。日本列島においては複雑な地形と豊かな生態系がもたらす自然の恵みが人々の暮らしを支えるのに十分だったために、農耕を始めなかったのである。

 しかし、縄文人の恵まれた食生活がいつまでも続くことはなかった。紀元前数百年、縄文晩期には気候が徐々に寒くなって植物の生態系が変わり、山野で採取できる食料が少なくなったのであろう。人口が減少し集落の規模がにわかに小さくなった。今から2千数百年前、それまでの狩猟採集に頼る生活では食料が不足し始めたころ、中国大陸から稲作の技術を携えて、多数の渡来人が移住してきた。稲は高温で雨の多い日本の気候に適した作物であったから、水田稲作が数百年かからないうちに全国に広がり、それ以来 米が日本人の主食になったのである。伝来した稲の原生地は中国大陸、長江の中、下流域であり、そこでは早くも7千年前から水田稲作が行われていた。この水田稲作の技術が山東半島から朝鮮半島西海岸に伝わり、あるいは山東半島から遼東半島、朝鮮半島を経由して、我が国の九州に伝えられたと考えられている。 日本で最も古い灌漑水田跡は紀元前5世紀、約2500年前の福岡市板付遺跡、野多目遺跡であり,鋤、鍬などの木製農具、穂摘みをする石包丁などが出土する。そこには4アール規模の長方形の水田がいくつも広がっていて、田植えをしていたらしい形跡も残っている。

 九州北部で始まった灌漑稲作はその後どのように東北にまで伝えられたのであろうか。2,3百年後の弥生前期末には中国、近畿地方に広大な水田が現れるが、台地が多くて灌漑しにくい関東、東北地方に稲作が広まるのは、紀元前後の弥生中期から後期であったと考えられる。この頃の水田跡が青森県の砂沢遺跡や垂柳遺跡で発見されているので、水田稲作が九州から本州北端にまで伝わるには約500年を要したらしい。

 稲は収量の良い作物であり、当時でも1株に2百粒ぐらい稔り、反当たり数十キロの米が収穫できたらしく、しかも毎年同じ田に連作しても収量が減少することがない。栄養価に富み、貯蔵性もよく、美味である。稲という優れた穀物を得たことにより、わが国は僅か数百年のうちに狩猟採集で暮らしていた縄文時代から弥生時代という農耕社会に移行することができた。狩猟採集だけでは食料が不足し始めた縄文末期の人口は8万人弱であったが、農耕を始めて食料が豊かになると60万人程度に増加した。人口が増えると集落が大きくなって各地に豪族が支配するクニが分立するようになる。かくして、紀元4世紀になると西日本、畿内のクニを統合して大和王権という古代国家が成立したのである。

たちうお

  さん

稲の登場ってどのくらいの衝撃だったんでしょうね
ものもちもいいですし、たくさんとれますし、雑穀よりもおいしいですし・・・

返信

イシツブテ

  さん

忘れがちですけど、日本ってかなり豊かな国ですよね。
食生活が変わったので農地なんかは減りましたけど、まだまだ健在ですものね

返信

れきし

  さん

親戚の家の近くにある田園風景を見ながら、
はるか昔のクニの興りについてもう一度考えてみます。

返信

しろくま

  さん

文明と食料の確保は非常に関連づいていることを考えさせられます。
歴史における「クニ」の始まりは、「おこめ」の始まりでもあったわけですね。

返信