NEW

あなたの好きな食べ物は何ですか?

と聞かれたら、

なかなか即答できなかったりしませんか。

いままで食べてきた色々な食べ物や料理が次々と頭に浮かんで、

なかなかひとつには決められない。

人生の最後に食べたいものなのか?

はたまた毎日食べても飽きないものなのか?

とても悩みます。

わたし的には、小学校の卒業文集で「梅ぼしとチョコレート」と

書いた記憶があり、今でも両方とも大好きです。

その時よりは、歳を随分と重ねましたので、

梅干しなら、家漬けの昔ながらシワシワで酸味のきいた梅干しが好きですし、

チョコレートは、カカオが70%以上のほんのりとした酸味と

苦みががガツンとするものがより好みです。

 ただ、今、好きな食べ物は何ですか?

との質問を受けましたら、私は「だし」と答えます。

これは先日、お仕事先の方との会食でフレンチをいただいた時のこと、

大変緊張していたこともあって、食事を終えてもなんだか満腹感がない、

そしてふと思ったのが「あー、きしめん食べたい」と。

かつおだしがキリッと効いたつゆに、

ハラハラと舞う花かつおをトッピングしたつゆをすすりたい。

私がお客様から解放され、リラックス感を味わいつつ求めたのは、

きしめんのつゆ、「だし」だったのです。

「だし」は日本人の心を解放させ、リラックスさせてくれる効果がある、

と自分の経験上、強く強く信じております。

そして、「だし」は私の身体をつくってくれた幸せの記憶でもあります。    

朝食はかならず白いご飯だった実家の朝の香りは、

おみをつけのだしの香り。

つらい日も寒い日もあったけど、

私にとって概ね爽やかな一日の始まり=だしの香りなのです。

現在、仕事場の近くにケーキ屋さんとうどん屋さんがあり、

どちらも朝からおいしい香りがしてきます。

ケーキを焼いている甘い香りもハッピーですが、

うどん屋さんのかつおだしの香りも

何とも言えない幸せを、朝からかみしめさせてくれます。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10