NEW

モロコシ:

アフリカのすべての物の中で、モロコシは最も重要である。より乾燥した地域ではトウジンビエとトップシェアを分けているが、より湿った地域ではトウモロコシと分けている。事、アフリカでは他のすべての食物よりも多くのヘクタルをモロコシとキビ(Millet)に当てている。

しかし、モロコシは単純に数字そのままが示すよりも重要である。わずかな、そして往々にして衰退しがちな土地から、かろうじて生活を維持するのに十分なだけのお金を捻出している何百万もの人々の相当部分にとって、このことは非常に重要である。それらの多く、おそらくほとんどそれを育てる人は、この植物なしではほとんど生き残れない。彼らにとって、それは 健康と空腹の間の限界を生む食事エネルギ栄養素となる。

モロコシは、サハラ以南のアフリカの地図上、数字の 7 に重ね合わせたようにえる 2 つの巨大なベルト地帯にいる最も困に苦しむ大多数の人々にとり、不可欠である。1本のベルト 地帯- 8 度にまたがる (緯約 7 度から 15 度まで) - は、西アフリカ全体に巨大なサッシ(小袋)のように伸びていて、セネガルからチャドまである。もう 1つは同じくらい巨大なもので、北から南に伸び、 ダンから南アフリカまでのアフリカ部および南部のより乾燥した地域である。

これまでは、これら 2 つの大な地域にとってしいものではなかった。特に初期にはそうであった。多くの察者の見るところ、状はすでに暗いものであり、ますます暗くなっている。数千万人分の食料を提供するモロコシは、平均して量が少なくなり1 ヘクタルあたり 700 kg であるが、時にはそれよりもはるかに少ない。数十年で量はほとんどか、またはまったく改善されていない。一部のオブザは、テクノロジがこれまでに変化を実現させるごとが出来るかどうかも問視している。

理由は不明である。アフリカの民は、手ごわい連結に直面している。自然からせられた制があり、それは混乱のアフリカにあるしみのようである。社会、そして伝統からせられた制がある。困による制である。そして政治、能な政府、弱な道路、インフラ障害などによってせられた制約である。自自足家はなんとか生き延びて、彼らの作物を生せねばならない。

がアフリカ全体で同じである合、それらはマネージできる可能性があるしかしながらそれらは家ごと、村ごと,地方ごとに程度と種類なる。これらすべての地方化されたさまざまな制約では、1960 年代にインドとパキスタンを席したの革命タイプと一された前当てはまらないだろうと結論する人もいる。おそらく のアプロチが必要である。

実際、そのアプロチはアフリカのモロコシの自自足から来ているのかもしれない。何千年もの家は彼らの地域の状と食べ物の好みに合う品してきた。これらの伝統的な品種はすでに彼らの多化にとり注目にする。たとえば、タンザニアのスクマランドでは、ある研究者はかつて109 の名前付き品を数えたが、それらはすべて一般的に使用されている。ナイジェリアのサマルでは、100 を超える地域でタイプが特定されている。そしてケニアのトゥルカナ湖沼地域には、さまざまな色のモロコシがあり、 民は物をただけで、がそれを栽培したかを特定できると主し、しかもを防ぐと言われている「天然のバド」である。アフリカでは、全体として、なるモロコシの数は数千に及ぶ範囲がある。 世代から世代へと敬虔的に受けがれているものもある これらすべてが可能になったのは、モロコシが主に自家受粉性であり、 は、年植えられてもその独特の性を保持できる。

これらの伝統的なモロコシは多であるだけでなく、それらははっきりした資質を持つ。おそらく何世にもわたる慎重な察が彼らのやされたのであろう。 次のような能がまれている。

良好な苗の芽と力な初期の根の発達 ( 早い雨の通常の短さを);

良好な分げつ(不規則な初期の雨やシュトフライ(ハエ)の攻撃を防ぐため);

い成サイクル (不毛の土を最大限に活用するため)

昆虫 (特にアタマジラミ) する耐性。

カビにする耐性。

. 特定の地域ではありえない害虫と、寄生植物であるストライガにする耐性。

農業の特に加えて、自自足 モロコシは、外観、伝統的な食材の食感、味、準備、または寿命に影を与える能について慎重にされてきた。それらはほとんど女性によって栽培され、主に家庭で地元の食品を準備するために使用される。

伝統的に、人々は物を固いお粥(tohまたはugali)、薄いお粥(uji)、またはさまざまな料にとして消している。

エチオピア人はモロコシ粉を生地のボルに成形し、それを茹でて 主食(dawa)にする。ナイジェリアでは、同のタイプの団子とフレク、 乾燥モロコシスの食品が主食である。多くの人は、皮をむいた物を米のように調理、または小麦のように小麦粉に挽いて、ビスケット、ケキ、または膨らまないパンにする。クスクスを作る人もいる。モロコシ造の天然ビルまたはbombeにも重要である。

すでに述べたように、アフリカには 2 つの大なモロコシ ベルト地帯がある。くべきことに、 それぞれの状は非常になるため、1 つの中で完成された品種でも他地方ではめったになじまない。

以下の状アフリカと南部アフリカに蔓延しているCarr, 1989 に基づく情報)

作物のほとんどは、一栽培として植えられ、列にべられている。

梅雨の季は短く、(ほとんどの所で) 雨季は年1 回だけの向がある。

植物の品は、茎が短く、 () が密集している向がある。 的高い指数 (物の他のものとの比率)である

は多くの合深刻で、どんな品を植えるか、如何にマネージするか、どのレベルまでインプット(入力)するかを定するほど深刻な問題である。

主な寄生植物、ストライガ (特にアフリカ南部) はアジア型 (Striga asiatica)なので、植物育家によるストライガ耐性の遺伝子をもつインドモロコシを使用できる。

造用および料用のモロコシはますます重要になっている。

在の品方が、少なくとも度に使用されているが、インドから入されたいくつかのタイプは、非常に成功している例えばジンバブエでは、これが SVI SV2 のリリスにつながりかなりの見込みがある。ザンビアには、同に有用ないくつかのハイブリッドがパイプラインにある。

一方、西アフリカでは、次の条件が用される。

一栽培で栽培されているモロコシはほとんどない。ほとんどがササゲ、キマメ、ロゼル、その他の作物と混合して植えられている。

植物が列状に生育することはめったにないが、ランダムに散らばっており、れていることが多い。このゾンのより乾燥した部分では、時に草を刈ったり、燃やしたりすることなく植える前に土地が耕されたり調整されたりのどちらもしない。

植物は背が高くてひょろひょろした向があり、指数が低いほとんどの自自足家にとって茎は重要な料でもあり、物と同じくらい価値がある。

• この植物は雨のわりに向かって花をかせるので、それによって雨が降っているに蔓延し、その後の乾燥したころに消えるという真菌や吸虫からの被害からうまく逃れることができ物を助ける。

降雨量は非常に不安定である。

地元のモロコシは、干ばつによる深刻なストレスを受けても物を生することができる。(降水量の多い地域で生育するタイプは、高密度のガラスを生成する。一方乾燥した地域で育ったものは粉状の物を生する)

子はいた円錐花序で生まれる。 物の量は少なくなるが、物のカビを防ぐのに役立つ。

主なストライガは在来Striga hermonthicaである。ほとんど インドやアフリカ部のストライガ耐性モロコシは、 この寄生植物にやられる。

次のステップ

自足モロコシの大で有望な未来をくための行に、以下で明するものが含まれる。

の共有

前述のように、真にれたモロコシはアフリカ中にられる。多くは、自自足家の特定ニッチに事に合している。 これらをよりく利用できるようにするだけで、多くのことを行うことができる。しかし殆どは大切にされている谷や村を超えて、一般に広くは知られていない。

カルタイプは十分に明されており、生学的ゾン内でそれらを移することができ、 農業期的な安定性を改善するための力な方法となる。生学的ゾンを越えてそれらを移することが重要になる可能性がある、それはと将来の不確実性が大しているためである。

民は既存の降雨パタンにした品種を、今は植える。しかし、パタンがわれば 1970 年代に西アフリカで行われたように)、すべての地元の栽培品が不切となる。の地域からの材料が害を食い止める唯一の方法かもしれない。

法の

自足生におけるモロコシを改善するための農業の方法する研究は、より高い収量をもたらす植物育の研究よりもより迅速な収量を得る研究の方が可能性が高いようである。1980 年代初 4 農場でのでは、は村で行われたが、品のどれも研究で慎重に繁殖させた合、すべての境でロカルタイプのものよりもれている可能性のものはなかった。実際、世界的なモロコシ育にもかかわらず、在までに、アフリカのモロコシ エリアでは 10% 満が研究ステションからの非伝統的なタイプが栽培されている。

いくつかの改善はで、明白で、ではないように思える。 例えば:

水やり。 20 にブルキナファソで施された研究は、 例えば少し余分な水を与え十分に満たしてやると穀物は収量を増やす。施肥。一部の地域では、土栄養素を提供することでモロコシ物の量が的に加する可能性がある。しかし、残念なことに、ほとんどの伝統的なモロコシは指数が低く、例えばトウモロコシへの果と比して期待外れになる可能性がある。肥料の果は土弱さによってなるが,殆どのより乾燥したモロコシ生長地域での収量は一般にトウモロコシの半分以下であり,多くの農家の今日の穀物と肥料価格への関心はあまりにも低い。 

のロション。モロコシが育つ多くの土地はそもそも始めから肥沃ではなかった、または在使い古されている。窒素固定マメ科植物は そのようなサイトのほとんどを若返らせるとなるだろう。このテマは、関連レポト、マメ科植物で記述する。

草防除。

集水およびその他の水技

的なストライガの生をらすための畑の管理。

ただし、伝統の変更には注意が必要である。

いくつか 明白な改善は、期的には有害であることが判明する可能性がある。たとえば、れてい西アフリカの家がモロコシを栽培しているのは当然のことである。この作物は栄養吸収に優れていて、とうもろこしが完全に失する土でもうまく成するが、その合は大きな根システムを開発するスペスが必要である。

通常、農業アドバイザはより近接して栽培する事を推するが、しかし、土肥沃度が制限要因である合、これは量をらす可能性がある。 (もちろん、肥沃レベルが上すれば、植物の体数密度も上させる可能性はある。)

不注意な人にとってのもう 1 つのわなは、土地の準備である。品と土地がどのように準備されていたかの間の強い相互作用がある。より湿った地域では、植える前に土地を耕し、を作る。一方、しかしながら他の所では、種子を準備ができていない地面に広くまきちらかす。「改良型」品種は、通常、土地が耕作されている場合のみ、地元の品種より優れている。一方、地元品はほとんど反を示さず、植え付け前に土地を耕作することは時間無駄である。

より良い植物の育

世界において最高の物作物量をできる特定のモロコシが知られている。しかし自自足家を助けるためのヘクタルあたり 8,000 kg 量は、現時点では切な目ではない。通常、最大収穫は主要な目標ではない。信性がより重要である。毎年毎年の信できる収量が人生をかけている主な目である。したがって、 差し迫った必要性とは量の安定性を改善することであり、収量が加するかどうかはその安定性との相性である。わずか 1,500 kg/ ヘクタルの平均量は、アフリカでの生量の2 倍になろう (インドは言うまでもない)

源に乏しい家の量を安定させるための作物育標、 そこにはアフリカが含まれる:

害虫や病への抵抗力を高める

干ばつ、湿度、その他の境ストレス化にする耐性を高める。 (しかし、これらの耐性の程度はすでにかなり高い。多くの所では、存在する耐性下で多くの量を得るために良い育種をする方がよい。)

物の品、特に重要な保管と加工面の改善。

これらの抵抗力と耐性力の一部は、地方以外で育てることができる。「ホット スポット」は、経済的に重要な多くの形で特定されている。 たとえばミッジ(小虫)は、ブラジル北部のシエラタルハダで常に深刻である。 Busseola fusca は、ナイジェリア北部のサマルで深刻である。同域の国または地域ステションの切なネットワク数は、有用な地方遺伝資源をスクリニングと大量動員するよりも在はるかに迅速に力な方法を提供する可能性があるアフリカでの自用には、通常、多目的モロコシを繁殖することが重要である。背の高い植物は、物の育家にとっては忌み嫌われるかもしれないが、多くの小家にとっては 家のい茎は、フェンス、わらぶき、薪、および その他の用的な目的の資源である。それらの家はどんなに高量でも短茎タイプに切り替えることはない。

害虫耐性を上げる

地方の伝統的なモロコシの中には、の病く、在来の害虫のほとんどにれた良好な耐性を持つものがある。しかし、この幸運な地位を持するためには、特にボ()とシュトフライ(ハエ)する浸透性の使用について研究をけなければならない。 ムの木(インドセンダン)からの抽出物は、この点で有望である。残念ながら、自然耐性はフェノル化合物の量と密接に関連 (特に凝されたタンニン)、これらの化合物は、人のモロコシ粒を消化をし難くする。

          

育種家は、また、遺伝子型の交配によってもストライガ(寄生植物の1つ)いもののを的に安定獲得すことができる。実際、これは非常に重要である。ストライガ耐性がない「改良された」素材は、この寄生植物が深刻な地域の家にとって的なものになる可能性があるストライガは数万子を生し、それぞれが十年以上生きけることができる。感受性モロコシを入すると、この恐ろしい寄生植物は すぐに手にえなくなり、10年分の時限のように能する子で土を埋めることになる。幸いなことに、在、ストライガ耐性タイプの識別の良い可能性があるようだ。

性の向上

他でも述べたように、はアフリカの多くの地域で民が食べているモロコシの栽培を最も妨げている。今日、に対しいタイプのモロコシは苦くて消化しにくいタンニンを含む皮を持つものである。もし より足のいく解策をつけることができれば、 アフリカの未来、そしてそれはかにモロコシの生を後押しするのに役立つ。最近新しい可能性が発見された。

防カビ性の向上

アフリカの多くの地域で、粒を駄目にするカビが生えてモロコシに悪影響与えている。もしこのような被害にい品つかれば、成期の湿度に関係なく、その時はより素早く成熟し、期には成の早いタイプを育てることができた。また、が密集したタイプ(量が多く、 率的な形)は用的であり、在速乾性のオプン型のみが植えられている。一部の株は、穂のタイプに関係なく本的にカビにして耐性がある;これらは、実に大きな研究の注目の的である。

もう 1 つ、比なことで、黒穂病に対して種子を処理することも幼苗期の作物に影響を与える介入といえる。

取りいの担を

土地を準備し、草を防除し、 を追い払う手作業量は、アフリカでの自自足農業のモロコシ生に重大な制約を与える。これらは、生量の加にする重大な障壁である。したがってどのような切り口から提起された主要な問題でも、それがどれだけの手作を必要とするかということである。手作で畑を耕さなければならない家にとってそれは重要である。鍬形農業では文字通り、彼、彼女らは穫を得る以上のエネルギー消費で、「死ぬまで」かねばならない。

用途

すでに述べたように、自給自足モロコシ生産は地方要件のな並びに遭遇する。寿命、加工特性、およびtohugaliujidawa、およびその他の伝統的なモロコシベスの食品の味は最も重要で, それらは畑での量の限界レベルよりも重要である。

伝統的な食品に影を与える能は、科学者がその定量化と品種改良することがしく、 特に研究が中央研究施設で行われなければならない合には難しい。自自足のモロコシ育を行うアフリカ人は、同じくらい多くのモロコシ料理を行っているという事が、さらにしくしている。

すでに、外来の遺伝資源で改良されたモロコシは拒されているが,それは 彼らが作ったtohは、その食感を十分にく保てなかったからである。(デンプンゲルは一晩で崩壊する)ニジェル、ブルキナファソ、マリのモロコシプログラムは、在、小模な断テストを使用して、tohの品質保持のための高度な育材料をしている。このアプローチは、植物育種家が畑の収穫量と同様に食品技術者や家庭経済学から指示を受けるというもので、新鮮かつ切望される革新である。

  
  
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10